交通事故慰謝料による過去の事例

先日、軽自動車に友人3人で乗り、出かけていたとき交通事故にあいました内容わこちら側の車が車線をはみ出し、対向車線の車の左半分に激突したというものです割合わ相手側が2でこちら側に8の過失です。なので主に保険はこちらの車を運転していた友人の搭乗者保険から支払わられることになりました。私の怪我が完治するのにだいたい半年かかりました。総通院日数が156日実通院日数が87日でだいたい2日に一回のペースで病院に通っていました。それまで保険会社からは何度か連絡がありましたが早く通院を打ち切らせていただきたいというものでした。このような事例でわ長期的な通院は認められないと言われしぶしぶ通院を終えることとなりました。そして保険会社と交通事故慰謝料の話になり私は、市内にある交通事故処理センターに依頼し最初の提示額の3倍の慰謝料の98万円で和解しました。交通事故あわれた方わ紛争処理センターの利用をお勧めします。

交通事故慰謝料がかかってしまう事例

交通事故は不意に起こるものです。例えば、自動車で安全運転をしていたとしても、歩行者の飛び出しや自転車やバイクの危険運転などに遭遇する可能性もあります。自分は大丈夫という過信は禁物です。交通事故慰謝料は高額になることが多く、支払うことができなくなる可能性もあります。日頃から備えをしておきましょう。自動車保険に加入しておくことが大切です。実際にあった事例を紹介します。T字路を右折しようとした自動車に、直進してきたスピード違反のバイクが衝突した事故がありました。過失割合は圧倒的に自動車の方が不利です。なぜならバイクの方が交通弱者であり、しかも直進していたからです。ちょっとした見落としが招いた事故でした。バイクに乗っていた男性はその場で倒れ、救急車で運ばれました。バイクも破損しました。後日、頚椎の捻挫と診断されたということです。かかる医療費、バイクの弁償などにかかる費用は、自動車のドライバーが支払うことになりました。

交通事故慰謝料の事例

私が実際に体験した事例です。今からちょうど2年前に交通事故に合いました。加害者は死亡、被害者は私含めて4人いました。事故現場はアメリカでした。そのまま病院に搬送され、それから約12時間お風呂にも入れずに病院にいました。その間に現地の日本の領事館の方や旅行会社の方、警察などに何度も何度も同じ質問をされ。話す度に事故現場が蘇って身震いが止まらなかったのを今でも覚えています。帰国してから1ヶ月後にようやく加害者の身元が判明しました。現場では男性か女性かの区別もつきませんでした。また、保険に入ってるか入っていないかによって慰謝料をもらえるか否かも変わってきます。幸いなことに加害者は保険に加入していたのですが、アメリカでは州によって法律が違っています。精神的、肉体的慰謝料を請求する州と携行品損害を請求する州が異なりました。法律が異なると雇う弁護士費用も倍になります。以上の点から保険会社とのやり取りは全て自分で行いました。もちろん言葉は全て英語で、日本での病院の領収書もあちらも翻訳しなければならなかった為、1つのやり取りに物凄く時間がかかりました。何度もお金を払って弁護士を雇おうか、この場で和解しようかと頭を悩ませました。しかしこの事故で失ったものを考えるとどうしても納得のいく交通事故慰謝料をもらいたくて、事故から1年10ヶ月目にようやく和解しました。当時程ではありませんが、今でも車は怖くて乗れません。信号待ちをしているときにあの時の光景がフラッシュバックすることも多々あります。一生忘れられないと思います。1人1人が意識すればもっと事故は減るはずです。私のような被害者が少しでも減ることを祈ってます。

東京以外の都市にて定期的に無料相談会開催しています。 相談は平日9時から20時まで承ります。土日祝日も18時まで受付けます。 保険会社は提示額を低く見積もっている場合が多い為、解決時の賠償金が増加することがあります。 高次脳機能障害、RSDの被害者等、 後遺障害認定に医療知識が必要な事件に精通しています。 交通事故慰謝料事例は豊富にございます。